ユニコーンやら電気グルーヴやら筋肉少女帯やらSMAPやらお芝居やら

倶知安じゃないじゃん。

いやーミラクルが起きて行けるようになった新木場JUNCTION。

めっちゃ楽しかったです。

だって、あのメンツじゃどのバンド楽しくないわけないじゃないですか!←妙な逆説

ユニコーンがトップなのも素晴らしい。<お客さんの入れ替わりの都合上

入ったときには前はギュウギュウ後ろも人で、1階の一番後ろで人の頭の間からチラチラと姿を拝みながら踊りまくりました。

見えない諦めのためか、すんごい踊りました。

セットリストは夏フェス仕様でしたが、蝉の声が虫の声に変わってました。

大迷惑と自転車泥棒がなくてちょっと残念。

思えば、このセットリストも今回で一端終了?

そう思うとひまわりもしみじみ。

服部もほとんど見えないまま踊りまくり、腕振り上げまくり。

スペース広々だったんで暴れましたw

「新木場〜!!」「倶知安〜!!」って奥田さん。

倶知安には自分と阿部以外行ったことないので来年の20周年はぜひ倶知安で…と奥田さん。

他メンバーに一言を求めるも、行くぞー!とか叫ぶばかりでgdgdに最後に阿部さんに振るにも「いや、俺は…」と手を振られ阿部さんコメントなし。←何故か無理強いはしない奥田さん。

化粧がくずれない程度に盛り上がって下さい。と、奥田さん。

フェス系初のオッサンマーチで踊り、BLACK TIGERで踊り。

BLACK TIGERの終わりになんかEBIさんが叫んでて、はて?と思ったら、どうやらなんかにつまづいたんですね。←他の人の感想で知りました

R & R NO DEAD前だっただけに、阿部さんがなんかとほほーってなっててw

そんなこんなで始まったR & R NO DEADは気合い入ってたなあ。ただ終わった後の静寂具合をお客さんが読めなくて、奥田さんに終わりの合図を出されてましたw

すばらしい日々。

やっぱりユニゾンからコーラスに分かれるあたりでホロリ。なんでだろう、ユニゾンで泣ける。

最後集まるときに何故か川西さんだけちょいハブられ。

今日が9月21日だからなのか、どうなのか。

WAO!ではテッチ登場。盛り上がりまくり。つか、阿部さんどんだけテッチ好きなんだw

最後はドラムソロ回し。

カラーフールだぜラッシュのーこだぜ、今年の海の色はなんだか危ない ←色じゃなく家だったらしい(他の人の感想情報w)

と、阿部さん。

もりあがって終わって、阿部さん定位置へ。なんか準備にアタフタ。

準備できた?みたいな奥田さんに空中でキーボード弾くジェスチャーな阿部さん。←まだだったらしい

カウントなしでヒゲボ。

人の隙間からマイクプレイを必死でチェックw

HELLOはなんかすっごい気合い入ってました。

奥田さんがうおーーーっ!って雄叫び上げたあと、全員がうおーーーっ!って感じで渾身プレイ。

阿部さん髪振り乱しまくり。

いやーホントにいい曲だ…。動きまくるベースラインとか繰り返し繰り返しで押し寄せてる感じとか。

最後、手を振りお辞儀しつつも阿部さんは相変わらずとっとと退場w

最後は川西さんがいつもの右手を胸に当ててお辞儀でおしまいでした。

いやー満足。めっちゃ満足。半分も見えてなかったけどw

メインステージの次が真心だったので、そのまま残ってたら、テントではビートモーターズ。

モニターで鑑賞。ボーカルのにーちゃん、独特の声だなあ。

ちゃんと聞きたかったけど、メインステージのサウンドチェックが始まってあまり聞けず。

で、真心。

ENDLESS SUMMER、うみ、どかーん、STONE、桜井さんのサーフィンソング(タイトル失念ごめんなさい)、風を浴びて君想う、拝啓、ジョン・レノン様 だったか。

初生真心のワタクシにとってこれ以上にステキなセットリストはないんじゃないか?!的な。

まさかSTONEが聞けるとは思いませんでした(笑)

ゲストに橘兄ちゃん登場。

石!ち○ぽ!石!ち○ぽ!ち○ぽ!ち○ぽ!ち○ぽ!ち○ぽ!いやホントに素晴らしい。

この歌ほど痛くないって健康って素晴しい!って歌い上げてる曲もないんじゃないだろうかw

どかーん、では、テッシー兄さんのライトハンドへのリスペクトとして、1曲丸々ライトハンドで!と桜井さんががんばりました。でも、コーラスはできてなかったけどw

バンド形式でやるのにカウント出さずに桜井さんと始めようとしたり、歌詞を忘れて「忘れた」って言いながら歌ったり、YO-KING疲れてるのか。←歌詞忘れを堂々と宣言するのはこの年代の特徴なんでしょうかw

ミュージシャンでサーファーな自分としてはこの頃肩身が狭い…という桜井さん。

嫁のお義母さんに「大丈夫なの?さくちゃんは大丈夫なの?」と心配される始末。

俺の心は勝浦のピンクハウスより熱く燃えてるぜーー!!とサーフィンソングを熱唱w

で、最後に拝啓、ジョンレノン様ですよ!これまた生で聞けるとは!!

真心堪能しちゃうと時すでに遅しで倶知安の風には間に合わず、テントは人であふれてる感じだったので、モニターで鑑賞。

ホントはトライセラのサウンドチェックとかしなきゃならないとこをスタッフさんが倶知安が終わるまで待ってくれてたみたい。ありがたい。

奥田さん似のキビ旦那

ヤック似のイモ旦那

ビートモータース秋葉くん似のニュー旦那

YO−KING先輩似のYUKI旦那(←前回までは水旦那)

セットリスト(Hit & Runのブログより)

1.ニセコのヨーコ

2.倶知安を知らない子供たち

3.9to5

4.くちゃ~ん

5.くっチャコの海岸物語

6.勝手にシンキバット

7.ニセコのヨーコ

なんだおっさんたちヤル気マンマンで仕込んできたね!

なんとキビ旦那がDJだったんですが、イモ旦那のラップがとてつもなくダサくって大受け。

リズムを前でとってテンポが超ゆっくりなライムでしたw

ニセコのヨーコ、函館の上くっちゃーん(あんたオジャガのなんなのさ)

とか、

くちゃーんで一発やってみよーよー

とか、

あすぱーららららーららー(広島が見えーてきたーEBIの家も近い〜とかw)

いも何時〜そーねデンプンね〜

とかw

くっだらない替え歌オンパレード。

始まる前にサングラスがないって大騒ぎだったけど、ニュー旦那、グラサンなしで勇気あるわ、とYUKI旦那。俺、グラサンなかったら出れないよ!とw

YO! YO! YO-TEI! ←羊蹄山のことですねw

とタオルぐるぐるしながら盛り上がりまくりで終了。

次メインはトライセラ

でも、ワタクシ、今回ばかりはテントのdetroit7へ。

音あわせからご本人が登場するので、早い時点でステージ前にスタンバイ。

2列目ゲット。

それぞれの楽器をチューニングしながら、途中セッションみたいになって盛り上がり、音あわせの段階から拍手喝采w

美代子さんのバスドラのキックが強過ぎてスタッフがドラム固定し直してました。

で、本番。

いやもう、めっちゃよかった。踊った。盛り上がった。

実のところ曲とタイトルは全然一致してない。毎回流れてくる音に身を任せるのみなワタクシなのですが、もう、よかった。

相変わらず、菜花さんのギターとヴォーカルはエキセントリックだったし、美代子さんのドラムはパワフルだし。古田島さんのベースはビシィっとしてる。

MCでは古田島さんがYO! YO! YO-TEI!って言ってて、まわりの人たちがタオル回してましたw

detroit7満喫しまくりで、メインに戻るともうギュウギュウ。

さっぱり見えなかったので、ドリンクブース横のでっかいモニターで鑑賞。

これがヨカッタ。カメラワークばっちりだし。

スパゴーのライブ、3ピースが超カッコイイ。

途中、挑戦者登場。

1人目は菜花さん。恋をしましょう。

よく裸足でエフェクター踏めるよね…と感心のヤック。

ギターもヴォーカルもめっちゃカッコヨカッタ。

2人目は阿部さん。

MacBookAir(←あの筐体のアール具合、多分Air)持って、Tシャツ姿でにこやかに登場。なんかちょっと清々しい、っつーか、なんかお散歩途中の父さんみたいだったw

譜面台みたいなのにMacを置いて、キーボードを押すと聞きなれた音が!

おせわになりましたのキーボードをサンプリング、といういか、ソフトシンセなのかな。

触りをちょこちょこ流してはお客さんを煽る阿部さん。

まだイケる。まだまだイケる。とじらすヤックw

またもやブルースハープのフレーズをギターで弾く阿部さん。たどたどしいw

でも、歌は懐かしのあの声。盛り上がりまくり。でもって、アウトロの天丼は相変わらずしつこすぎw

歌が終わるとにこやかにMacを撤収し、小脇に抱えにこやかに去って行く阿部さん。

片手にパソコン持って歩いてるとなんかヲタクの人みたいだね!とヤックw

3人目は奥田さん。

まだキビ旦那を引きずってるのか短パンにビーサンで登場w

菜花さんはエフェクタを裸足で踏めるんだよ、って、奥田さんにやらせるも、痛かった模様w

なんでヤックのとこにはあって、俺んとこにはないんだよ!と足下に歌詞がないことにクレーム。

俺だって、この歌詞なかったらわかんないよ!とヤック歌詞を書いた紙を譲らず。

並んで歌ってーの声に、ヤダよ!と奥田さんw

gdgdと話してるウチに、Jメンさんが歌詞を持ってきて奥田さんの足下に。

字、ちっさ!と、ホントにちっさい字の歌詞が足下に。これくらいなら読めるよ。遠いほうが読めるwとお年ごろをアピールする奥田さん。

バンハズのマルホランド・ドライブ・マーケット。

途中、ギター持ちながらジャンプとかアグレッシブな奥田さんでした。

挑戦者コーナーが終わって、再びスパゴーナンバー。

盛り上がりまくり。

ホントに大満喫でした。

帰りにビートモーターズのメンバーが自分で自分たちのサンプルCD配ってました。

多分、ドラムの人から手渡されたんじゃないかと。声かければよかった。

果たして、来年は倶知安であるのか。どうなのか。

床抜けたライブのDVDが見たくなりました。

明日見よう。

バンハズのラスト2曲くらいのとこで中断して、場所移動。

どこから再開するか?って話しのときに、あと2曲だったからバンハズの次からやるかー!っていうメンバーに、えー続きからやってよー俺見てたもんー、と訴える阿部さんw

スパゴーのときに阿部奥田パフィとみんな総出で特効の風船投げてたのが印象的でした。

プチSMAちゃん祭な感じだったんだけど、阿部さんはもう所属を外れてたからゲスト扱いだったんだなあ。と、思い出してみたり。