ユニコーンやら電気グルーヴやら筋肉少女帯やらSMAPやらお芝居やら

2009.09.05 OTODAMA '09

年初から踊らされまくったユニコーンの復活。

昨日のOTODAMAがこの夏最後の夏フェスでした。

ヨカッタ。

http://www.shimizuonsen.com/otodama/09/

フェス自体の雰囲気とかそういうのがヨカッタ。

スタッフさんも楽しそうなのだった。

ゴミ箱のところで分別指導してるスタッフさんたちはステージに背を向けながらも、常に音楽にノリノリで仕事してたし、帰って行くお客さんをスタッフみんなでお見送りだったり。

ホントにゆるーいのだった。

あと、500円出して余裕でおつりが来るフードたちもすばらしかった。

あっつい炎天下での冷やしキュウリは最高でした。

出てた人たちもよかった。

ちょい渋めというか、懐かしのR&R Newsmakerもしくはさらに懐かしのシンプジャーナルに載ってた面々オンパレード。

いつもはユニコーンが一番おっさんなのに、全然、上には上がいるフェスでしたw

大トリは筋肉少女帯

ツアーに行きはぐりまくりだったので、この大トリはうれしかった。

シーズン2からの曲はよくわかってなかったんだけど、相変わらずの大槻節だったし、1曲目からダメジャンプ!

シートエリアだったんだけど、どの曲もすべてやり切って燃え尽きましたw

1 踊るダメ人間

2 イワンのバカ

3 ロシアンルーレットマイライフ

4 人間嫌いの歌

5 じーさんはいい塩梅

6 元祖高木ブー伝説

7 釈迦

8 ツアーファイナル

自分は何気に聴いてたけど、高木ブーってタイトルと曲にギャップありすぎですね。

こんな曲だったのかーって感じの人が多かったw

ツアーファイナルの後の日本印度化計画のセッション大会も楽しかった。

あと、オーケン探偵ナイトスクープが好きだって話から、テーマソングの円広志の曲を歌い出したんだけど、その後、客が大合唱して「一番盛り上がってる!」ってちょっとプンスカしたのがおもしろかった。

アウェイなんだけど、オーケントークでお客さんをがっつり引き込んで、でもって、超絶テクな演奏で唸らせた感じ。

ユニコーンは相変わらずな感じ。

最後の夏の勤労だったからか、セットリストも夏初期の基本セット。

どの曲も渾身でした。

1 ひまわり

2 服部

3 BLACKTIGER

4 すばらしい日々

5 WAO!

6 ヒゲとボイン

7 大迷惑

8 HELLO

奥田さんは最初から酔っ払い。

阿部奥田でEBIさんをボコりながらの登場。何故w

多分、野外でひまわりを聞くのもこれで当分ないんだろうなあと思いながら、でっかい満月の下でしんみり。

ただ、阿部さんのキーボードブースは風が抜ける場所なのか、音が風に飛ばされて自分の音が聞こえづらそうでした。マイクが風で動いたり。

服部はフツーに大盛り上がり。つか、一番ちゃんと聞けた気がします。

阿部奥田で歌うところ、やっと上パートが阿部さんだと確認。←遅っ

服部終わりでMC。

全員が超笑顔でダブルピース。なんかわからんけど、本当に超笑顔。

はじめましてーユニコーンです。と挨拶。EBIしゃべれーな阿部さんをうけて

では、EBIさんどうぞ、とEBIさんに振るも、

OTODAMA〜qうぇrちゅいぱsdfghj!!!! 

テンション高過ぎでなに言ってるかわかりません。

EBIさんはPOLYSICSに影響されるんですよ。でも所詮四十です。←奥田さん談

喉がヤバイよ、とEBIさん

ホントにただの高音になってて何いってるのかわかりませんでした。

で、BLACK TIGER

ワンワンカウント高すぎ。なんか1つ足りないし。

いつもの道の名前は「新幹線」と聞こえたんですが、ネットで見てみると「清水音泉」だった模様。

ここも高音過ぎてワケわかんなくて、阿部奥田爆笑。

この日のEBIさんは右に左にと端まで移動してベース弾いてました。

風に巻き上がる髪はまるでレボレボビヨンセか…。

間奏の阿部ソロ、いつもと違うフレーズでした。

すんごい盛り上がったからなのか、2コーラス目の歌詞はgdgd、あげく最後のワンワンカウントを早く入ってしまい、奥田さんがトゥトゥ歌う映像のバックにワンワンカウントが。

なにも言わず全員がワンワンにあわせて、曲をカットしてて、さりげなくすごかったです。

が、終わってからゴメーン!なEBIさんと大爆笑の阿部川西。ピックぶつけて「あほか!」な感じの奥田さんw

大爆笑の声が遠くマイクに入ってたんだけど、あれ、ヲタじゃなかったら何で笑ってたのかわかんなかったんじゃw

すばらしい日々は久々の阿部奥田向かい合いカウント。

やっぱりユニゾンで歌うところからパートに分かれるところでドキドキします。

全員が寄り集まって、最後終わるところもホントにしみじみ。

しみじみしたところで、WAO!のドラム。

ドラムのリズムだけでお客さんが、わーーーっ!てなるのがスゴイ。

ギター受け取った阿部さんはEBIさんを追い掛け回し、その横で奥田さんはスタッフからのギターをなかなか受け取ろうとしなかったりと、やりたい放題。テッシーもノリノリでデニーロポーズ。

やっとギター受け取ったかと思うと、今度は阿部奥田でカウベルの周りをぐるぐる回り始め、奥田さん立ち位置に立ち、カウベルを手にとる阿部さん、阿部さんの立ち位置に立ち、ギターを弾こうとする奥田さん。

顔見合わせて、あれ?ちがうね!あはははってことで定位置へ。

楽しそうすぎw

「うかつに目をやり」のところで「っていうか、おまえら盛り上がっているのか!このやろう!」ってあおってました。笑顔で。

盛り上がりが続いたまま、ヒゲとボイン

カウントが聞こえなかったんですが、あれは風で流れちゃったんでしょうか(´・ω・`)

ここでもまた風でマイクが流されるためにいつも以上にがっつりマイクを掴んで歌う阿部さん。

夜空にうーかぶー。って、ホントに夜空で星空でわあああって思いました。

後奏での奥田さんの「ありがとーーーー!!!」を聞くとしみじみするんですよねえ。

大迷惑では盛り上がりまくり。

ラストの奥田さんの「おぅおぅおぅおぅおぉぉぉぉ」がこれまた星空にこだましてました。

つか、声が若くなったなあ。

後半、川西さんバテぎみだったけど、阿部さんが見守ってましたw

そして、野外で聞くHELLO。

阿部さんちゃんとボコーダーマイクに間に合ってました。

ただ風でマイク位置が遠くまで言っちゃってるので必死で捕まえてました。

ちょっとそのドタバタぶりが可愛かった。

ここでも、SOLA MITE GOAROUND〜で、満月と星空。

わーーーっと盛り上がった後のこの曲っていう構成がなんとも憎い。

この日ははける方向が向かって左だったので阿部さんがとっとと去って行きそうになるも、奥田さんが「川西幸一〜」きゃーーーーー!!←阿部さんクルっときびすを返して戻ってくる

「今年で50です〜」ええー(お客さんの驚きの声)←挨拶する川西さん

「大阪でイベントやりまーす」きてくださーい、と、阿部奥田。

おっさんたちは最後まで楽しそうにまったり緩く去って行きました。

http://funky802.com/rts/blog.php?s=otodama

dtroit7も最前で見れたし、BO GUMBO3はめっちゃカッコイイし、スクービドゥーはめっちゃ楽しかったし、いろんなバンドとの出会いがありました。

楽しかった。

ホントに楽しい夏の日々でした。