ユニコーンやら電気グルーヴやら筋肉少女帯やらSMAPやらお芝居やら

SET STOCK 2009 07/25(ネタバレまくり)

夏の勤労2つめ、SET STOCKに行ってきました。

あいにくの天気、朝7時大阪発のバスが兵庫と岡山の県境くらいでものすごい雨。

これは果たして開催されるのかどうか…そんな不安を抱きつつ、一路庄原へ。

庄原ついたときは雨は小康状態で降るのか?降らないのか?って感じでした。

公式ブック予約後、mixiで知り合った人と待ち合わせ、EAST STAGEへ。

遠くでオレスカバンドのみなさんが演奏してる音が。結局、一目も見れなかったけど、ビートクルセイダーズに間に合い、ぼけーっとシートブロックで鑑賞。

Oh!Manco!な歌とか、そうか、ビークルってこういうのなのか…と初体験(笑)

41に〜って言われたときに、ええ!そんなにいってんの!とビックリ。

楽しいステージでした。メロン記念日にはビックリでしたが。

で、エレファントカシマシ

これまた初の生エレカシ。宮本さん、おかわりなく。トークも挙動も歌もおかわりなく。

バンドのメンバーのみなさんがなんかこうすっごい暖かく宮本さんをサポートしてる感じがしました。

が、やっぱり歌はいいなあ。声もいい。バンドの音も聴きやすくて、生で聞けてよかったです。

エレカシが終わってから、神楽殿は入場規制が入るって情報を行きのバスで仕入れたワタクシは1つ前のバンドからいってみましょうよ!と神楽殿に移動。

原田さんブログに載ってたDetroit7をこれまた初体験。

すっごくいい。

ヴォーカル&ギターのねーさんがすっごく楽しそうにギターを弾くのに惚れてしまいました。

爆音系の曲なんですけどね、独特の声とギターのフレーズに惚れました。

ベースのにーさんもドラムのねーさんもいいんですよ。

がーーーーーーーっと3人でひとつになって突き進む感じがしてホントによかった。

うわーーー!って盛り上がって、あっという間に終わりました。

いや、ホントにステキだったですよ。熱くなりました。

で、奥田さんのひとり股旅スタンバイ。

ステージ上にラジカセみたいなのやら、冷蔵庫やらがおかれ、ギターがチューニングされ…。

ワゴン車でやってきた奥田さんにお客さん手を振りまくり。

ワタシが見てた場所っていうのが、丁度ステージ向かって左の端っこで、前から5列目みたいなところでした。

なかなかのベストポイント。

向かって左だとギター弾いてる様子から何から全部ちゃんと見えるので好きなのです。

お客さんがいてる場所の外側のちょっと小高いところに、平山さんやら安斎さんが来てはりました。

原田さんもウロウロ、三浦さんもウロウロ、原田さんブログで知った、三浦さんの娘さんもウロウロ。あ、TEPPEIさんもウロウロしてたような気がしました。

久し振りなんで忘れてる…っていいながら譜面をパラパラ。冷蔵庫をあけて、ビールをぷしゅっと。

いいんすか?って原田さんのほうに向かってジェスチャーで聞いてました。

セットリストは下記のとおり。

1曲目からじーーーーーんです。

歌い終わって、今度はバーボンの瓶を発見。お?って顔してるウチに冷蔵庫からクラッシュアイス入りのグラスを発見。おおおおおおーーーーーー。後があるけど、ま、いっか。てな感じでグラスにバーボン注いで、いいスか?いいスか?と原田さんにアピール。美味しそうにグビっと。

何と言う、は、ワンコーラス目歌い終わりくらいで「なんか遅いな」って言いながらテンポ調整。

そして、まさかのばらの花。

すんごいあってました。すんごいよかった。セツナスソングが似合うなあ。

新曲でした…とニヤリとしながら、一杯飲みつつ、ばらばらと譜面をめくる奥田さん。

うわーどうしようーどうすりゃーええんじゃーって、焦りながら前奏をワンフレーズ。

ん?違うな…って止める奥田さん。えええーっていうお客さん。

結局、そのままThe STANDARD 。これまた泣ける。ギター1本のThe STANDARD はせつなすぎ。

愛のボート、野ばらと進み、そうそう、野ばらの前奏でまた、あれ?これやってないよね?って周りに確認。始終、ええんかこれで、大丈夫か?な奥田さん。

うわーなんかダラダラやりすぎた、時間がすぎとる…と焦り始める奥田さん。

あと1曲?あと2曲できる?ホント?人生は上々だだと30分かかるよ、と笑う奥田さん(笑)

CUSTOMとさすらい。さすらいでうわーーーーって盛り上がって終了。

天気が持ってよかったですね。この後、誰がやるんだかしりませんが、とんでもないことになりますよ。とかとぼけながら、至福のときはあっという間でした。

マジでよかった。早めに行っててよかった。あんなに近くで聞けるとは思わなかったです。

始終、どーすりゃえーんじゃって感じでいちいち原田さん方面を向いて聞く奥田さんがよかったなあ。

丁度、原田さんが自分がいる方向の後ろにいたので、奥田さんの困り顔がたくさんみれました。

そーいや、どの曲だかの前にギターを弾くとマイクがハウり、これなんかフーーーンって言ってない?ってハウリングの音に合わせてハミング&ギター(笑) ひとしきり歌ったあとに、ありがとうございました…と一言。という場面もありました。

イージューライダー

何と言う

ばらの花

The STANDARD

愛のボート

野ばら

CUSTOM

さすらい

うわーよかったですねーなんて話ながら神楽殿からEAST STAGEへ。

ちょうどTHE BOOM島唄の最後のほうでした。手を振りさってく宮田さんしか見れなかった…(´・ω・`)

で、スタンディングエリアに行くか、このままシートのエリアにいるか、ちょっと迷いましたが、シートエリアでまったり楽しむことに。

スタンディングに行っても、背が小さいんで、最前じゃない限り埋もれちゃうもんですから。

シートエリアからはモニタもよく見えたし。

待ってる間はWESTSTAGEのサカナクションの様子がモニタに流れてました。

見たかったんですけどね、結局、モニタ鑑賞に。サカナクションが終わってから、EASTSTAGE ではずっと楽器調整中。

ああもう少しで始まるなーくらいの頃に、阿部さんのシンセからノイズ。

シンセ弾くとノイズ。あれ、多分、ボコーダー用のマイクがシンセのノイズ拾ってたように思ったんですけど、どうなのか。結局、あたふたしながらも、そんな解決してないままに始まったような感じ。

蝉の声。カナカナカナって声からなんか牧歌的なSEがどんどんジャングルに変わってきて、最後に象がぱおーーーーーーーーって雄叫びあげたら、間髪いれず真顔でオルガンを始める阿部さん。ちょいと、えええー顔な奥田さん(笑)

夕暮れときのひまわりもいいですね。川西さんのカウントの声とか。

NANO-MUGENより全然音がよかったです。相変らず、デッドな音ですけど。

ひろしまーーーって掛け声で沸きました。うおーーー!っって。

ひまわりが終わって、川西さんのドラムの音。

こ、これは!!!!テッシーのギターで会場大盛り上がり、服部。

さーーーーーーんきゅーーーーーー。 ←ちゃんと言ってた

阿部さんのオルガンフレーズも懐かしい。いやー復活ユニコーンで聞いてみたかった曲だっただけにうれしかったです。以前より、阿部さんの声が通るから2人のハモりも迫力あるし、音は重いし。

これで、ケダモノの嵐とレベルと聞けたらもう本望だなあって思いながら…。

う!は!う!は!う!…んは!って、最後のこぶしも上げてみました。最後、半拍ズレるとこが好きなんですよ。

EBIさんの犬声カウントでBLACK TIGER。道は山陽道〜だったかと。庄原なら中国道のほうが近くないかい?と思いつつ(笑) ちょっと声量不足でしたが、山にこだまする犬カウント(笑)

NANOでは気合いのひらひらもちょびっとだった阿部さんソロも今回はひらひら。

そっからそのままエレピのソロへ。

R&R IS NO DEAD 。

ああ、阿部さんの声は本当に歌う人の声になったなあ。よく通るなあとうっとりしつつ、全員がちょっとお客さんを置いて自分たちの世界に入って行く感じが好きです、この曲。

奥田さんの喉の強さとか声のスゴさには敵わないんだけど、阿部さんの声も通るようになったし、デカくなったなあと。

曲終わりに、阿部ー義晴ーーー!と紹介。手あげて、その後その手を胸にお辞儀してました。

呼んでいただいてありがとうございまぁす。ユニコーンです。こういうところはあまり慣れていないんですけれど…。

今日は絶対に豪雨だと思ってましたが、奇跡のような…いやー本当によかった、オールスター!←そっちかい

ダラダラしてると、今にも降り出しそうなので、やることやって爽やかに帰ります。

俺たちがトリにふさわしいかビミョーか…ごらんください。

奥田さんがギターを持ち替え、自転車泥棒。

これもまた阿部奥田ハモリングがステキ。ツアーでは2日目に行かないと聞けなかったからうれしかったです。ちょっと歌詞の探り合いがあったか?って気がしましたが(笑)

続くWAO!はなんだかいつも以上に声が出てた気が。んで、もりあがりました。

カウベルプレイはそんなになくて、すぐに聖なるカウベルを掲げる奥田さんと、おおおおーってなってる阿部さんになっちゃいました(笑)

ツーコーラス目の、LUSHの娘だぜ〜うかつに目をやり〜が超早口バージョン、そして、息が続かない…ワンツー!ってすんごいすぐに川西さんカウント。ちょっと笑う阿部さん(笑)

最後のWAO言い合いで忘れてて慌ててWAO言う阿部さん。

WAO!終わりに、テッシー!と紹介。その後、川西幸一!と紹介。で、また何故か阿部義晴!って紹介。

それにボコーダで「コンニチハ」って応える阿部さん。シンセ前奏。

ボコーダーだけだと音が割れないんですけど、シンセが鳴ると割れるんですよね。

バリバリ言わせながらも、ヒゲボ。

ボコーダー&赤いシンセ使い終わるたびに思いっきりスイッチを踏みつけシンセの音を殺す阿部さんでした(笑)

ヒゲボも復活ユニコーンの音が似合ってますよねえ。はー。

ヒゲボの盛り上がりからHELLO。

ローズのエレピはちょいフワフワめな音になってた気がしますが、やっぱりこの曲聴くと、なんだかわからないけど、うわーーーー!ってなります。

うわーーーってなったとこで終了。ありがとーーー!って去る人たち。

そりゃお客さん納得行かず。アンコールの嵐。

テッシー登場。

川西幸一ー!!←川西さんセンターのマイクまで出てきてお辞儀

EBIーーー!!

阿部義晴ーーー!!

奥田民生ーーー!!

司会はワタクシ、手島いさむーーー!! ←司会かい!

みなさんいかがだったでしょうかー。いやーすっかり根付いて…。 ←俺ら初めてやん!っていうテッシー セットストックがやん!と奥田さん

セットストックは瀬戸にかけてるんですけれど、にしちゃ、ちょっと遠いんですけれど。

コレを機にみなさん出かけましょうね。カープとかさんフィレッチェとか。←広島愛に泣ける

雨が降らなくてよかった。わりと僕は晴れ男なので。さっき弾き語りをやったんですけど、最後の曲だけで蚊に3発食われました。←と、左腕を見せる。ひじから先のほうを3発やられたらしい(笑)

で、阿部さんがギターを持てば、あの前奏。

すばらしい日々って復活ユニコーンになってから、阿部奥田2人で歌うところが増えたと思うんですけど、ハモりもいいんですが、ユニゾンで歌うトコの声の重なりがすんごいいいんですよ。この日、阿部さんの声がすんごい出てたんで、素晴しかったのです。ぴったりあってるような、ちょっと重なってるような、そんな響きがホントステキで。今まで聴いてきたすばらしい日々の中で一番よかったかも。

ありがとーひろしまー!って言ったあと、赤いツナギをきた還暦三浦さん登場。

お客さんバックにユニコーンの写真を撮るからーって、センターマイクあたりに集合。

記念写真。イイナー。

写真撮影終了後にハケてくときに、阿部テッシーで珍しくハイタッチ。

EBIさんに何か言われて、は!ってなる奥田さん、そんな奥田さんに気付き、何やってんだよぉと小突く阿部さん。阿部奥田に押し戻されるEBIさん。

EBIーーーー!!! って、いきなり紹介し直す奥田さん。

確かに、1人だけ紹介忘れてましたね、奥田さん(笑)

紹介後、そそくさと帰ろうとする奥田さんを今度は阿部さんが押もどし、いいよいいよってなってる奥田さん。

まだやってないじゃん!って、ぐぐぐっと押し戻す阿部さん。

民生ーーー!!! って、紹介する阿部さん。

阿部ーー!とか紹介しかえす奥田さん。

いつもはとっとと帰る阿部さんがめずらしく、きゃっきゃと阿部奥田EBIでゴチャついてました。

めっちゃ笑顔でいいもんみれました。

大迷惑とか歌わないかしらと思ったけど、メンバーが引っ込んだらすぐに花火。

多分、雨が降らないウチに終了したかったんじゃないかと。

ひまわり

服部

BLACK TIGER

R&R IS NO DEAD

自転車泥棒

WAO!

ヒゲとボイン

HELLO

すばらしい日々

帰りのバスのりばを間違えて、ものすごいイキオイと通り過ぎ、フツーの駐車場まで歩ききってしまい戻ったり、ちょっとバタバタしましたが、そんなに待つことなく帰りのバスに乗り、大阪へ。

同じように長距離のバスののりばを通りすぎた人多数で、みんな、あの看板最初あんな風に立ってなかったやん!とバスの中で怒りまくり(笑)

行ってよかった。

思い立った日がツアーバス申し込みの最終日で、ホントに滑り込みだったけど、たくさんいろんないい音楽聴けました。

Detroit7の出逢いがデッカイです。

帰宅してすぐにTシャツとか買っちゃいました(笑)

アルバムも買います。ライブも行こう。

それくらい、めっちゃカッコよかったです。

ひとり股旅もステキでした。

ホントに忘れちゃってるっぽい感じがなんとも微笑ましくて(笑)

あと、いちいち原田さんに了解とってるところとか。

自分が見てたサイドに原田さんや平山さんや三浦さんや三浦さんの娘さんや安斎さんがワラワラと集まってました。

家に帰ってきて、うっかり奥田さんのDVDとかポチっちゃいました(笑)

ユニコーンはというと、RIJの大トリに向かって順調に調整が進んでる感じ(笑)

阿部さんの声がすんごい出てて、よかったなあ。

阿部奥田でガンガン声が出てると、いろんな音がひっぱられて迫力が増す感じがします。

ただ、阿部さんの機材がすんごい神経質で、毎回何かのゴキゲンが斜めになるようです。

今回は赤いシンセ&ボコーダー

でも、あれは多分、ボコーダーマイクの位置じゃないかなあ。いつもの位置と違って、シンセの左側にあったんですが、右にしたら大丈夫だったんじゃ…と思ったり。

いつもと反対にマイクがあるのに、歌い終わったら左にマイクを払っちゃって、手が届かなくなって、ヒゲボのワンコーラス目のコーラスが間に合わなくなってたのはヒミツです(笑)

うぉっ!って慌てて手を伸ばして引き寄せてました。

ゴキゲンだった気がします。笑顔が多かったです。

ワタクシの次の夏の勤労はロックロック。どんな感じかなあ。

また違う曲とか聴けるのかなあ。どうなんでしょう。

楽しみです。

今回は移動の都合でKREVAが全く聴けなかったので、ロックロックでリベンジです(笑)

阿部 S-590T ガンメタ

民生 S-591T オレンジ  NP-50 カーキ

これは自分メモ。

2人のメガネ&サングラスの型番ですね。

999.9の。すっごい高いけどイイナー。

<阿部さんなんか度入りカラーレンズだもん、総額すごいって。

阿部さんの普段のってTW-31T なんだろうか。

リムレスでつるがプラスチックなの。